めっちゃ大事な「天気予報」

私たち塗装の職人は、天気の変化には、日々超気をつけています
知ってる方も多いかと思いますが、塗料にはどうしても乾燥するまでの時間があります。
また正常に乾燥させるためには、適正な時間・温度・湿度が、やはり非常に重要になります。


せっかくいい塗料を使ったとしても、乾燥(溶剤が揮発し、残った成分が凝固をし、塗膜を形成する)途中に、もし雨が当たったとしたら、その雨が当たった部分が、他との差異を生み、乾燥差異を生み、結果仕上がりにムラが生じてしまう、そんな可能性が大きいのてあります。
「いい仕事と言ってもらえるような結果を残したい」
これが職人としての「職人魂」
そのために「いつから雨が降るのか?」つねにアンテナを張り、皆で日々相談しあい、雨が降りだす前に、塗料が完全に乾燥するよう、その日の作業の内容や順番を決めています

前置きが長くなりましたが、そのために参考にしているサイトを紹介します


・定番のウェザーニュースです
工事現場の郵便番号を入れ、ピンポイントの予報を確認します

・これも定番の雨雲レーダーです
1分単位で、今どこが降っているのか?確認しています

ここで風の大きな流れと強さを、大まかに確認しています
風の流れが雨雲の動きに大きく影響するようですので、確認しています


・これも定番ですが、気象庁のレーダーを2種類、確認しています

一つ目は3時間前から1時間後までの雨雲の動きを確認、
その動きをみて、いつ降るか?だいたいの時間の予測をたてます

二つ目は12時間前から15時間後までの雨雲の動きを確認
自分たちの予測した降雨の時間と、気象庁が予測した降雨の時間、両方を念頭に、その日の作業を組立てています
以上、知っているかとは思いましたが、一応参考までに

明日も晴れてほしーなー(^^)